スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオを聴いて思い出した親方の話

今日の大宮エリーさんのラジオで、
おおはたさんが、当時の苦労話をおもしろおかしく話してて、
ふと、自分の、山で過ごした日々のことを思い出したので少し書こうかな。
(ライブでよく話す熊に出会ったところの話です笑)

そこでは、いつも親方から

「お前のやってることは本意なのか?」

「不本意なことをするな!」

「おまえはそれでよしとするのか?」

などなど、言われてて

当時は、なんとなくは分かってるつもりだったけど、
そうじゃないから言われてたんだろうな。

今ならすごくよく分かるんです。

「本当はこうじゃない!」って思ってるうちは、
そことか、その状況から得られたはずのものが
身にならないんだよなあ。

ただひたすら、やりたいこと、なりたい自分に近づくために
じたばたするしかないんだよな。

悔しいこととか、悲しいこと、恥ずかしいこともたくさんあっても
それでも好きなことだから続くんだろうな。

エリーさんが「見てる人は見てるんだよ」って言ってたけど、
本当に見られてるんだよなあ(良くも悪くも)。

もちろん、見られるためにやるわけじゃないけど、

陰ながら見ててくれた人が

手を差し伸べてくれたり、

労ってくれたり

ありがたいね。


書きたいことはたくさんあるんですけど

たぶん

誰も読んでくれない長さになりそうなので

アフターとかでね、

酔っぱらい過ぎてないときにね、

続きはちょいちょい聞いてください(笑)

年始でも、年度始めでもない時期に

おおはたさんのラジオに触発されて

気持ち新たに

じたばたします。

昨年だったかな、

親方からいただいた年賀状に

一言

「求めればひらかれる」

ズシリ。響きます。


5/11(日)は阿佐ヶ谷ネクストサンデーで歌いますよ。

遊びにきてね。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。